How to install the rain cover

使用前の準備

2つの留具(ヒネリとバックル)を自転車に取付けるだけで、すぐにレインカバーをお使いいただけます。

バックル留具を準備する

レインカバーに同梱されているバックル留具を準備します。

バックル留具の取付け

自転車のシートポストにバックル留具を巻きつけて留めます。
この時、バックルがシート側に向くように取付けます。

ヒネリ留具を準備する

どちらかのヒネリ留具を準備します。
ヒネリを少し持ち上げて回るかご確認をお願いします。
(シートの種類によってヒネリ留具の種類が変わります。)

ヒネリ留具の取付位置を確認する

ヒネリ留具は両端のマジックテープをチャイルドシートの
「赤枠の穴」に差し込んで取付けます。

 

レインカバーの取付け

2つの留具(ヒネリとバックル)で、パッとレインカバーを取付けできます。

たすき型ベルトをシートに掛ける

レインカバーを広げてシートに被せ、たすき型ベルトをシートの中央に掛けます。

ヒネリ留具を回して固定

レインカバー背面のヒネリ留具を回して固定します。

ファスナーを閉める

レインカバーのファスナーを閉めます。
雨が入らないように、ファスナーのフラップが閉まっているか確認します。

バックル留具を留める

レインカバー前面のベルトをシートポストに取付けたバックル留具に留めます。
ベルトは長さを調整し、適度なテンションをかけてください。
もしベルトがバックル留具に届かない場合は、チャイルドシートの位置を
手前に移動する等、調整をお願いします。

排水フラップの確認

天井の雨水がレインカバーの外に流れるよう、排水フラップを角の中心に設置します。
正しく設置しないと、雨が侵入して膝部が濡れる原因となります。